• マイページ
  • カートを見る

menu

close

COLUMN

UVケア化粧品選びのポイント!ノンケミカル処方のおすすめUVケアのご紹介!

UVケア化粧品の選び方。毎年悩みますよね。
新商品がたくさんあって自分の肌にはどれがよいのか?

そんな悩んでいる方に是非オススメなのが「ノンケミカル処方」のUVケア化粧品!

選び方のポイントとしては、お肌への刺激が少ない、かつしっかり紫外線をカットできるもの。
そして紫外線を浴びた後のアフターケアがしやすいもの。
今回は子どもにも敏感肌の方にも安心してご使用いただけるUVケア化粧品をご紹介♪

「紫外線カット剤」の種類とは?

まず選ぶポイントとして重要視して欲しいのが「紫外線カット剤」の種類。
「SPFの数値」で選ぶ人が多いと思いますが、残念ですが「紫外線カット剤の種類」で選ぶ人はまだ少ない。
でも実はお肌への影響が全く違うものなんです。自分お肌に合った種類を選びましょう。

 

お手頃価格で入手しやすい「紫外線吸収剤」
紫外線のエネルギーを吸収して別のエネルギーに変換して紫外線をカット。肌に塗ったときのきしみ感、白浮きがしにくくデイリーユースに適しており人気。
お手頃価格の商品が多く広く使われているが、まれにアレルギー反応を起こす人がいる。これは紫外線のエネルギーを吸収する際、成分の分子構造が破壊されることがあり、破壊後の生成物がアレルギーや炎症の原因となる可能性があることによる。(実は紫外線吸収剤は厚生労働省により配合量が制限されています。)

 

敏感肌・自然派コスメ好きに人気「紫外線散乱剤」
微粒子粉体が紫外線を反射させてUV‐A~B派まで幅広く散乱でき、かぶれなどの症状が起きにくい。しかし肌に塗ったときのきしみ感や白浮きがある。

 

「紫外線散乱剤」タイプの紫外線カット剤を使用したUVケア化粧品は「ノンケミカル処方」として人気です!
また近年、ハワイで紫外線吸収剤の「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止めが販売や流通を禁じる法案が可決されました。
その理由が海中のサンゴ礁の白化などの原因になっていると一部の研究者が指摘しており、環境問題から「紫外線吸収剤」の使用を控える動きがあります。
長期的にお肌や環境のことを考えたらダンゼン「紫外線散乱剤」がオススメですね。

テクスチャーの種類と特徴は?

テクスチャーの種類は多くあるものの、違いがよくわかりづらいかも。日常的に使うものだから、使い心地も重要なポイント。

 

デイリーケア・アウトドアにオススメ!「乳液タイプ」
低~高SPFまで幅広く使用されている。商品によっては洗い流しにくい場合がある。

 

べたつきが気になる人にオススメ!「ローションタイプ」
さらっとしたテクスチャーで人気。さっぱりとした使用感でうすづきできる。しっかりと紫外線をカットするためにはこまめに塗り直しが必要。

 

全身にまんべんなく塗れる「エアゾールタイプ」
手が届かない背中や、他のタイプだと塗ることのできない頭皮に使うことができる。また手を汚さずに使えるのでとても便利。しかし「高圧ガス」使用のため高温下での保存や使用には注意が必要。

 

部分塗りにオススメ!「スティックタイプ」
耐水性に優れており日焼けしやすい部分に使用するのに適している。塗るときの伸びが重い。

 

たくさんの種類があるので迷いますよね。
普段使いするなら「乳液」「ローション」「エアゾール」の3種類がオススメ!

でもテクスチャーはもちろんそのほかUV剤をオフする方法でも種類が分かれます。
「テクスチャーでは選びきれない」そんな方はオフの仕方と併せて選ぶのがいいかも。

 

「メイク落とし」でないと落ちづらいタイプ。
汗でも落ちやすいタイプ。
「石鹸」で簡単に洗い落とせるタイプ。

 

日焼けした後はその後のケアも大事なので、日常のケアと合わせて選ぶのも大事ですね。
一番お手入れが簡単な「石鹸」で落とせるタイプの処方が、日常使いでマスト!

よく聞く「SPF」と「PA」は何が違うの?

「「SPF」「PA」はよく聞くけど、値が高い方が日焼け止め効果が高いよね?」
「紫外線に対する効果が違うとわかっていても具体的に何が違うのかよくわからない」
そんな声が多い「SPF」「PA」の違い。実は大きな違いがあるのです!

 

「SPF」とは
紫外線B波(UV-B)の防止効果を、数値が高くなるほど赤くなる日焼けを起こすまでの時間が長い。
「UV-B波」は夏に多く降り注ぎ、地上の紫外線の約1割に相当。ガラスや雲で遮断可能である。
「UV-B波」が原因で起こる肌の状態としては、赤く炎症するサンバーンやシミ・そばかす・肌のごわつき・乾燥・肌荒れなどがある。

 

「PA」とは?
紫外線A波(UV-A)を防ぐための指標で、+の数が多いほどその効果あり。
「UV-A波」は通年降り注ぐ紫外線として知られており、またその紫外線は真皮まで届く。
そして地上の紫外線の9割通年で照射し、さらに年間のケアガラスや雲を通り抜ける
「UV-B波」が原因で起こる肌の状態としては、肌の弾力を保つエラスチン・コラーゲンを壊し、肌の弾力を保つエラスチン・コラーゲンを壊し、しわ・たるみなどの肌老化などがある。

 

「SPF」は気になる人が多いけれど、実はお肌の負担を考えると「PA」の値はとても重要とも言えますね。
UV-A波はエイジングケアの最大の敵!
夏だけではなく、通年の紫外線ケアを考えるなら「PA」値を注意して選ぶのが重要なポイント!

日焼け後のお肌のお手入れ

忘れられがちな「UVアフターケア化粧品」
うっかり「UVカット剤」を塗り忘れたとき、いつもより「UVケア」をしっかりしたいときは「UVアフターケア化粧品」を使いましょう!
紫外線ダメージを放っておくとシミやくすみのもととなるメラニンを生成させてしまうことはもちろん、日焼け後の肌は、通常よりも熱をもった火傷のような状態であることを忘れないで。

 

肌にこもった熱はあらゆる肌トラブルのもとになるので、いつも通りのお手入れだけでは不十分。
だからこそ早めの対処が肌トラブルを防ぐポイント。

 

日焼け後のほてったお顔のお手入れには、まずは肌の熱をしっかり鎮めること。ほてりが気になる部分に氷や保冷剤などを包んだ冷たいタオルをあて、熱が引くまでしっかりアイシング。
お顔の洗顔は短時間で。日焼け後の肌は乾燥しているので、ダメージを与えないようにやさしく洗って。
洗顔後にいつもの化粧水や乳液の後にパックでのお手入れがマスト。
また忘れがちな身体にもしっかりミルクローションやオイルをプラス。

 

日焼けによって水分が減少したお肌には保湿効果の高く、色素沈着の回復に効果のあるビタミンCやその誘導体、セラミド、ヒアルロン酸そして植物性のオイルなどの有効性が知られています。

 

洗顔後にいつものお手入れにプラスすることで、しっとりとした健康的なお肌が保ちたいですね。

ではどんなノンケミカル処方「UVケア化粧品」のオススメをご紹介します!

高知県産YUZU UVクリーム SPF50/PA+++ (顔・からだ用) 40g ¥2,178(税込)

オーガニック基準相当。SPF50PA+++で毎日使えるアロマUVクリーム。
暑い時期にも爽やかに使える高知県産ユズ精油の香り。べたつかず、植物の力で潤いを与えながら紫外線をカット。気になる紫外線吸収剤は不使用。石鹸で洗い流せるので、子どもから大人まで毎日使いやすい乳液タイプ。

(使用した人の感想)

●ユズの香りが心地よく、夏でもさっぱりと使いやすい。
●UVクリームを塗ると乾燥しがちだけど、植物保湿成分がたくさん入っているので乾燥しない。
●紫外線吸収剤を使用していないのにべたつきが少なくて使いやすい。

白くまアウトドア アウトドアUVクリーム SPF50 PA+++ ¥2,178(税込)

「毎日子どもたちに元気で遊びまわって欲しい」そんなママ目線で作ったオーガニック基準相当、紫外線吸収剤不使用で親子で使える顔・からだ用UVクリーム。
紫外線だけでなく夏の肌刺激(乾燥)からもしっかりガード。シトロネラブレンドのアロマが香ります。動き回る子どもにもサッと塗れてサッと洗い流せる乳液タイプ。

(使用した人の感想)

●シトロネラの香りで、アウトドアでも虫対策としても使えて便利!
●乳液タイプのノンケミカル処方で子どもに使いやすい。
●紫外線散乱剤タイプなのに白浮きしづらい。
●肌の弱い子どもに使いたいので「パッチテスト済」だから選びました。

ノンケミカル処方「UVカット剤」と一緒に使いたい「アフターケア化粧品」はこちら

高知県産YUZU ジューシーフェイスマスク ¥440 (税込)

吸い付くユズセラミドでもぎたてジューシー肌!無添加と国産にこだわったナチュラル処方。1包にたっぷり25mLの美容液。
吸着浸透ヒアルロン酸と国産ユズセラミドでダメージに負けない肌に導きます。
「コメ胚芽油」、「オーガニックアルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)」などの14種の美肌成分を配合。

北海道和ハッカ ミルクローションCOOL+ ¥2,090(税込)

和ハッカ精油とメントールの清涼感あふれる香りとテクスチャーでひんやり保湿。ほてった身体や、お風呂上りのスキンケアにオススメです。
保湿成分に優れた「セイヨウハッカ葉エキス」や「オリーブ果実油」が潤いを与えます。

お肌への刺激が少ないUVケア化粧品をご紹介しましたが、いかがでしたか?
毎日使えるお気に入りのUVケア化粧品を手に入れて、毎日の紫外線対策を徹底しましょう。